施工事例【設計力編PART6】                              「大人の家族のための、妥協のない家づくり」

施工事例【設計力編PART6】                              「大人の家族のための、妥協のない家づくり」

こんにちは!R+house高岡のスタッフブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
新入社員の藪です。


全国のR+houseの施工事例をご紹介させていただきます!
今回もアトリエ建築家の設計力を感じていただける、【設計力編PART6】となっております。
【設計力編PART1~5】も併せて読んでいただけると各家の個性が楽しんでいただけると思います♪
【設計力編】ブログ一覧は≪こちら≫


今回ご紹介させていただくのは、「大人の家族のための、妥協のない家づくり」です。

このお宅は大学で准教授をつとめるKさん、高齢の義父母、成人されたご長男の4人が暮らしています。

大人同士のご家族であることから、それぞれがプライバシーを保てることを重視した間取りが必要とされました。

さらに、Kさんにとっては2回目の家づくり。
「前の家では動線に不満や後悔があったので、今度の家では絶対に妥協しないと決めていたんです。」とKさん。

また、友人や知人、教え子を自宅に招いてホームパーティーをするのが好きなKさん。
このことから、アトリエ建築家は、使い分けしやすい生活用動線と来客用動線、家族のプライバシーの確保に重点を置いた家づくりを行いました。

005.jpg

まずは玄関。
高齢の義父母のためにバリアフリーのスロープを設置!
スロープ両端の手摺は、家に入る時出る時、どの方向からでも義父母のその時の状況によって使い分けできるため、ストレスなく歩行できます。
また、家族が付き添って歩くのに十分なスロープ幅も確保されています。


010.jpg
008.jpg

玄関から入ってすぐのゆったりとした傾斜天井のLDK。
天井にはレッドシダーを使用し、落ち着きのある空間に。
傾斜天井は高さが出るため、高級ホテルやリゾートのようなラグジュアリーな空間を作り出すことができます。
お部屋に高級感や重厚感の印象を与えたい方やラグジュアリーなインテリアにこだわりがある方におすすめです♪


011.jpg

ダイニングには、酒瓶や酒器のコレクションを並べられるオープン棚を設置。
客人に好きなお酒をセレクトしてもらえ、会話が弾む空間に。
インテリア面としても、機能面としても素敵な棚ですね♪


013.jpg

リビングの一角にはバーコーナーとその下にはワインセラーも設置。
スポットライトやモザイクタイルがムーディーな空間を演出しています。


012.jpg

アクセントカラーの赤色を添えたキッチン。
正面のダイニングとコミュニケーションをとれる大きな窓があるため、個室感もありつつも、孤独感を感じさせないつくりに♪


004.jpg
009.jpg

ウッドデッキは開放的な前庭タイプと部屋に囲まれた中庭タイプの2つ。
ホームパーティーを行った際に、来客が様々な場所でくつろぐことができます。
住まいに雰囲気の異なった2つの空間があることで、その日の気分によって使い分けることができるのは素敵ですね♪


002.jpg

部屋に囲まれたつくりのウッドデッキは、プライバシーが守られているため、人目を気にせず、中庭空間を楽しめます。
屋外用の家具を置くと、一気におしゃれなカフェのテラスのように感じますね♪

向かって左側の部屋がLDK、右側の部屋がインナーテラス付きの義父母の寝室。右の部屋側には、浴室やトイレ、洗面室、洋室など生活空間が集約された間取りとなっています。
敢えて、中庭で空間を区切ることによって、両空間に効率よく光を取り込め、家族の距離感も程よく保つことができます。
来客者が多いこのお宅ならではの間取りですね♪


014.jpg

スケルトン階段の下はワークスペースに。
正面に小窓があるため、手元が明るいまま作業が行えます。

デッドスペースになりがちな階段下のスペースは、ワークスペースとして活用。
その他にもお施主様のライフスタイルに合わせてカスタマイズすることができ、リビングであったらテレビボードや、廊下であったら収納スペースなど、デッドスペースの活用方法は豊富です。
アトリエ建築家の手にかかれば、デッドスペースもお客様だけの特別な空間に♪


003.jpg

いかがでしたでしょうか?

来客を考え、玄関から直接LDKにつながるつくりにしたアトリエ建築家。
また、中庭型のウッドデッキを設け、寝室のプライバシーを守りつつ、開放感を与えました。
「住み始めると、図面からは想像できなかった暮らしやすさがわかり、建築家の設計の素晴らしさを感じました。」と感動した様子でKさんがおっしゃっていました。

建築家住宅のR+houseでは、見た目のデザイン・生活のデザイン・性能のデザインを総合的に考えたプランニングを行います。

アートボード 1.png

建築家住宅はお客様が住まいに望む見た目・生活・性能面が叶えられたとしても、敷居が高いというイメージを持たれている方も多いと思います。
建築家との家づくりに憧れているが、諦めてしまう理由として、「設計料が高い」「どう知り合えばいいか分からない」「どう頼んでいいか分からない」「決めないといけないことが多そう」といった点があります。

R+houseは、「建築家と建てる家を、身近に、手軽に」がコンセプト。
R+houseの建築家ネットワークには約100名の建築家が在籍し、その中から特にお客様のご要望に合った建築家が選ばれ、効率の良いプランニングを行います。また、独自の設計・部材ルールを設けているため、コストのムダを削減します!
R+houseの詳しい特長は≪こちら≫

手の届きづらかった建築家との家づくりが身近に手軽にできるようになった今、思い描く家づくりの夢を建築家と実現してみませんか?

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
少しでもR+houseにご興味を持っていただけたら幸いです。
R+houseについての資料請求お問い合わせ等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!