坪単価を出す上でのポイント

坪単価を出す上でのポイント

こんにちは!
R+house高岡のスタッフブログにご訪問いただきありがとうございます。


今回のブログのテーマは「坪単価を出す上でのポイント」です。


家づくりの資金の目安としてよく使われる坪単価。

会社選びの際に、坪単価が分かっていれば坪×坪単価でおおよその金額がわかります。

ですが、中身を細かくみると注意点があります。


坪単価の出し方として一番簡単でわかりやすいのが、
家の価格(表示価格)÷家の大きさ(坪)=坪単価 
こちらをよく目にするかと思います。


そこで注意が必要になってくるのが、家の価格部分です。

新築・建替えする場合にかかってくる費用は同じ建物でもお客様によって変わってきます。

展示場やモデルにて表示されている金額があるかと思いますが、その多くが一部の金額しか表示されていません。

建物金額や設備、外構費用などはもちろんですが、諸費用がしっかり入っているかも重要です。

登記費用(自身の所有物として登録するための費用)銀行諸経費、火災保険料、引っ越し費用などが考慮されているか否か。
最初の2つは入っていることもありますが、残り2つはほぼ入っていません。


建物価格についても収納量の違いやグレード、1階と2階の建物比によっても単価がかなり違ってきてしまうので、一概に正確な坪単価を出すことはほぼ不可能です。

鵜呑みにしすぎると話が進むにつれて「最初の話と違う!」となってしまうかもしれませんので、
判断基準の一つとして坪単価を出す際は、ちょっとした参考程度というぐらいでとどめておく方が、良いかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回は簡単な説明をさせていただきました。
土地についてご興味のある方はいつでもご相談を承っておりますので、ご気軽にお問い合わせください。