あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
R+house TAKAOKAは本日7日より営業しております。
2019年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、2109年の初ブログはイベントのお知らせです。

同時に見学できるのは県内でココだけ!!
『木の家』と『コンクリートの家』合同展示会

日時:1月19日、20日
   10:00~16:00(各日)

住所:高岡市石瀬75-8

2.png
木の家

3.png
コンクリートの家

会場 高岡市石瀬75-8
shio map.png

来場された方には抽選で素敵なプレゼントも!!
そろそろ家づくりを考えようかなという方も、今後の家づくりの参考にという方も
ぜひ塩谷建設の『木の家』と『コンクリートの家』をご体感ください。

皆様のご来場お待ちしております(^.^)


お問合せは電話またはメールで受付けております。
TEL 0766-53-5974 
MAIL s-house@shiotani.co.jp


2019年予定 ( やっとブログ更新できるようになりました(´;ω;`))

R+house TAKAOKAのブログにお立寄りいただきありがとうございます。

システムの調子が悪く?ブログが更新できておりませんでした。
申し訳ございません...

本日、やっとブログが更新できる状態になったので
2018年も終わろうとしているタイミングになってしまいましたが
グログを更新します。
どうぞ、お付き合いください_(._.)_

時期も時期ですのでまずはご挨拶から。
皆様今年一年ありがとうございました。
2019年もR+house TAKAOKAをどうぞ宜しくお願い致します。

2019年、R+houseTAKAOKAは1月からイベントが目白押しですよ。


1月19-20日 住宅合同展示会(高岡市)
      塩谷建設の『木の家』と『コンクリートの家』が同時に見学できる展示会です。
      木造住宅とコンクリート住宅が同時に見学できる会場は県内でココだけ‼

2月9日   第14回後悔しないための賢い家づくり勉強会
      マイホーム購入はちょっとした知識で何百万円もの差が出ることも!?
14.png
2月16-17日 住宅合同展示会(高岡市)

2月23-24日 完成見学会(富山市)

3月9-10日 住宅合同展示会(高岡市)

3月9-10日 完成見学会(高岡市)

3月23日  第15回後悔しないための賢い家づくり勉強会

2019年はじめのイベントスケジュールはざっとこんな感じです。
住宅合同展示会、家づくり勉強会は一カ月に一度ペースで開催しますし、
完成見学会も2月、3月と続きます。
今真剣に家づくりを考えているあなたも、そろそろ家づくりかなと思っているあなたも、
ぜひこの機会に塩谷建設の家づくりイベントにご参加ください。

寒い季節は住宅の性能を体感するにはもってこいですよ。

それでは皆様、良いお年を。
Happy New Year♪


二日間の研修

みなさんこんにちは
新入社員の寺崎と堀です

R+houseでの研修は二日目になりました
昨日は住宅事業の概要やパースの作り方について学びました


注文販売と企画販売の違いやメリット・デメリット、費用についてなど、とても勉強になりました

家は一生にいくつも買うものではないですから、それだけその責任の重さがあること、その反面大きなやりがいがあることもとても伝わってきました


パースは建物の完成イメージを分かりやすく絵にするものですが、それが結構難しいもので、苦戦しましたが、最後は二人ともなんとか形になりました

パースが汚いとイメージも伝わらないですから絵を描く技術もコミュニケーション能力の一つなのだとよくわかりました

今日はこの後現場へ行きます
よく見て色々学んできます


寺崎と堀でした

お申し込みはお早めに!!

R+houseたかおかのスタッフブログにご訪問いただきありがとうございます。

2か月に1度開催している『後悔しないための賢い家づくり勉強会』についてお知らせします。
第9回『後悔しないための賢い家づくり勉強会』を6月2日に開催いたします!

会場は高岡市生涯学習センターです。
託児室も用意しましたのでお子様連れのご家族も安心して勉強会にご参加ください。

今回の家づくり勉強会ですが有難いことに多くのご予約をいただいております。
定員に達し次第受付を締め切らせていただきますのでご予約はお早めにお願い致しますm(__)m

勉強会の内容はこちら
q.png

通常は2か月に1度開催している家づくり勉強会ですが、次回の開催は7月28日です。
今回は都合が悪いなという方はぜひ次回の家づくり勉強会にご参加ください!
お待ちしております!!

お問合せ・ご予約はこちらへどうぞ
ad.png

特別企画!!

R+houseたかおかのスタッフブログにご訪問いただきありがとうございます。

前回、前々回、その前の回と今年度入社したお二人にブログを書いてもらいました。
ご覧になられましたか?
5月にも住宅部門での新入社員研修があるのでまたブログを書いてもらおうと思っています♪
どうぞお楽しみに!!

さて、今回の本題はタイトルにある『特別企画!!』についてです。
そろそろGWがやってきますね(^^)/
今年のGWは最大で9連休のお休みが(@_@)。
カレンダー通りにお休みがもらえる場合は4月28、29、30日の3日間が前半のお休みで
後半のお休みは5月3、4、5、6日ですね。

みなさん、GWの過ごし方はお決まりですか?
GWは住宅展示場まわりをしようかなと考えている人もいらっしゃるかと思います。
また、私のようにGWの予定は特に決めていないなんていう人もいるかも...?

R+houseたかおかではGW前半の4月28、29、30日で
住宅特別FP相談会を開催します!!

GWの予定は特にないという人もGWは住宅展示場まわりをするという人も
是非R+houseたかおかの住宅特別FP(ファイナンシャルプランニング)相談会にお越しください!!

住宅展示場まわりをしようかなと考えている人は展示場に行く前に
FP相談をすることをオススメします!!

なぜ展示場に行く前にお金の話をしないといけないんだ、
お金の話はまだ先じゃないかと思うかもしれません。
しかし、早い段階でのFP相談をオススメするのにはちゃんと理由があります。

みなさんが住宅展示場に行く目的はなんですか?
住宅展示場を訪れる人の多くは自分たちの理想の家づくりにあったハウスメーカーや
工務店を探すためとか、家づくりの参考にとか、そういう目的をお持ちではないかと思います。

でも、住宅展示場に行くとたくさんのお家が並んでいますよね。
どれも素敵なお家ばかりで目移りしてしまいなものばかりです。
その中からどれかを選ぶといっても悩んでしまいますよね。

何かを選ぶときはこれだけは譲れない!など、何らかの判断基準を持つと
選択しやすいです。住宅選びでは性能、間取り・デザイン、価格などがよく重視されますし
これらが家づくりの判断基準になります。
さらにこの中でも価格といったお金に関係することはとくに重視されます。

そこで是非R+houseたかおかの住宅特別FP相談会をご活用ください。
家づくりのゴールはお家を建てることではなく、
建てたお家で家族みんなが幸せに暮らすことです!
家は建ったけど生活が苦しいなんて本末転倒ですよね。
皆様が家づくりにかけてもいいお金や人生設計から考えたローン返済の計画などを
中心に皆様が不安に思っていることを解決しようという内容を予定しております。

R+houseたかおかで建てる建てないは関係ありません。
今回の住宅特別FP相談会ででた家づくりにかけてもいい金額や
最適なローン返済計画などの情報をもって他社で家づくりを始めてもらっても構いません。
(とは言いつつ、出会った皆様と末永いお付き合いをしたいのが本音ですm(__)m)


どんな家づくりをするのか、すべての選択やどんな決定をするのかは
皆様自身で決めることであり、私どもR+houseたかおかは家づくりのプロという立場から
あくまでも皆様の家づくりのサポート役です。
R+houseたかおかで建てるつもりはないけど話だけでも...という方も
是非住宅特別FP相談会にご参加ください。

住宅特別FP相談会について

日時:4月28、29、30日
    10:00~12:00または13:00~15:00
 ※お好きな日にち、時間帯をお選びください。


詳しくはこちらをクリック→FP.pdf

少しでも多くの皆様の家づくりのお役に立てれば幸いです。

最終日

新入社員の竹本と島野です。

今日は、パースを描きました。

パースとは、建物のイメージをするために必要な絵のことですが、空間感覚がない人は
なかなか上手く描けないものなので、空間感覚のない島野くんは特に苦戦していました。

午後には、照明についての話を聞き、照明の種類や配置の仕方によって
だいぶ部屋や家の雰囲気に違いが出るみたいです。

今日で、私たちのR+houseでの研修は最後です。

まだまだ別の部署での研修は残っていますが、ここで学んだことを生かせるよう今後も頑張っていきたいと思います!

本当にありがとうございました!

以上研修中の竹本と島野でした。

二日目です。

新入社員の竹本と島野です!

昨日に引き続き研修二日目です。今日は午前に富山市にある住宅の現場を見学しました。

大規模の現場ばかり見てきたので住宅の現場はどのようなものか知ることができました。

午後には、高野部長から人と接するための話を聞きました。

「愛と誠実と感謝」を心に刻み、また頑張っていきたいと思います!

午後の後半には、色についての話を聞き、その人が選ぶ色によってその人の状態や性格がわかるそうです。

色って奥が深いんだな~と思いました。

選ぶ色によって印象も大きく変わり、マナーや身だしなみが大事だなと改めて感じさせられた一
日でした。

以上研修中の竹本と島野でした。

はじめまして^^

新入社員の竹本と島野です。

入社して二週間以上たちましたがまだまだ分からないことばかりで大変です。

今日の研修では午前中に後悔しない家づくりということで住宅事情についていろいろと教わりました。

午後には、住まいに関する資金のシュミレーションについて教わりました。

全体的にお金に関する話が多く正直なところ難しくて追いつけない所もありました。💦

しかし、一生に一度しかない住宅を後悔なく過ごすには資金的な話はとても重要なものだと
今日一日を通して感じました。

はじめてブログを書きましたが、なかなか思い浮かばず大変なものですね。

一日一日を大切にして、一刻も早く慣れるよう頑張っていきたいと思います❗️

以上研修中の竹本と島野でした。

住まいノートを書く②

R+houseスタッフブログにご訪問いただきありがとうございます。

住まいノートを書く①の続きです。
住まいノートのすゝめ、住まいノートを書く①と合わせてご覧ください!(^^)!

《住まいノートに書いておくと役立つポイント》
★具体的な要望には優先順位をつけておきましょう
 Aどうしても叶えたい要望
 Bできればかなえたい。場合によってはあきらめるまたは変更すること。
 C比較的優先順位が低い要望
 ?迷ったり悩んだりしていること

★しまうべきものリストをつくる
 どこに何をしまうのかあらかじめ考えておくと収納スペースを考えるときの
 参考になりますし、とても役立ちます。
 しかし、収納スペースはあればあるほどお家に物がたまり使わない物が増えていきます。
 収納スペースを考える前に本当に必要なものかどうかを判断することも大事です。

★家具・家電について
 家具・家電のサイズは間取りにも関わるので重要です。
 あとで置き場所に困らないように手持ちの家具・家電、購入予定の家具・家電のサイズは
 写真付きで載せておきましょう。


住まいノートのまとめ方の参考例はコチラです。(画像はお借りしました。)
sumai note.png
内容が多くなるようでしたらA4ノートよりもリングファイルのほうが使いやすいかもしれませんね。


◆住まいに対する夢をふくらませる◆
住まいに対する夢といっても...思い浮かばないという人は次のステップで考えてみましょう。

Ⅰ.条件や現実的なことは忘れて自由に考える
 予算・土地などの条件、家族との折り合い、人の目などはさておき自由な発想で
 思いつくままに 住まいノートに書き留めていきましょう。

Ⅱ.空間のヒントを得る
 よく行くカフェ、お店、公園、旅先で訪れた忘れられない場所。それらはどんな空間ですか?
 好きな空間の特徴やなぜその空間が好きなのか考えてみると住まいにつながる空間の
 ヒントが得られるかもしれません。

Ⅲ.理想の1日(平日・休日)をシュミレーションする
 どんな場所で目覚めたいですか?朝食はどんな場所でとりたいですか?
 1日の行動に対してどんな場所がいいかを想像してみましょう。
 家族とどのように過ごしたいかも書き留めておきましょう。

言葉で表現するのが難しいようであれば写真やイラストの切り抜きを貼り付けて
イメージを残すのもいいですね。


家を建てるという経験は何度もできるものではありません。

家づくりについての価値観をはっきりと持つことは難しいかもしれませんが
住まいノートを作っていく過程のなかで、家づくりについて何度も繰り返し考えると
自分たちのマイホームに対する価値観が定まってきます。

そして自分たちの価値観がハッキリすると選択肢が多い家づくりにおいて選ぶことがラクになります。
納得の家づくりをするためにも、家づくりをスムーズに進めるためにも住まいノートはおすすめです。

3回にわたりお伝え致しました「住まいノート」についてですが以上で終了です。
長くなってしまいましたがお付き合いありがとうございましたm(__)m

建築家と建てる家を、身近に、手軽にR+houseたかおか♪

住まいノートを書く①

R+houseスタッフブログにご訪問いいただきありがとうございます。

今回お伝えする内容は住まいノートの書き方です。
前回の記事、『住まいノートのすゝめ』のつづきなので、ぜひ前回の記事と合わせて
読んでみてください(^^)

28dc9d10563c6328c2bc1a1f5d893b52.jpg


まずは住まいノートの準備から始めましょう!

《準備するもの》
◆ノート(A4サイズがオススメですがお好きなもの、ご自身が使いやすいものを準備しましょう)
◆色鉛筆やマーカーペン
◆雑誌、広告、パンフレットなど(参考にしたいものがあれば)
◆ファイル(必要に応じて書類や大き目の切り抜きの管理に)

《住まいノートにまとめる内容》
◆土地に関する情報
◆家族構成、それぞれの年齢、仕事、趣味など
(自己紹介風にまとめるとお家を設計する建築家さんにもご家族のことが伝わりやすいですし
 家づくりのヒントになりますよ)
◆1日、1週間、1か月ごとの家族それぞれのスケジュール
◆住まいに対する夢と現実的な要望
◆我が家のコンセプト
◆季節ごと、1年、数年、5年、10年単位での暮らし方の変化
◆手持ちの家具、今後購入予定の家具とその配置
◆場所別、持ち主別に収納するもの
◆資金計画                    
                                        など

《まとめ方のポイント》
★日頃思っていることを書く
 今までの住まい、今の住まいを思い出しながら住まいの不満と良いところをあげてみましょう。
 不満点を書き出すことによって新居ではこうしたいという要望が生まれることを実感できます。
 忘れがちですが新居に引き継ぎたいと思ういいところをあげておくのも大事ですよ。

★個人の個性につながることを書く
 □性別、年齢などの基本的な情報
 □どんな仕事をしていて家と仕事はどういう関係にあるか
  仕事は家に持ち帰らない派ですか?ワークスペースが必要ですか?
 □趣味・好きなこと
  どんなこだわりがあって、家には何が必要ですか?
 □家での過ごし方、動き方
  「じっとしていられないタイプ」「定位置に座っているのが好き」など家の中でどのように
  過ごすのか書いておきましょう

★快適性につながることを書く
  暑がりですか?寒がりですか?
  明るいところが好きですか?それとも少し暗いほうが落ち着きますか?


住まいノートは自分の価値観を再認識させてくれると同時に家づくりのイメージを相手に伝えるという役割も果たします。
住まいで叶えたい夢から現実的な要望までどんなに小さなことでも書き留めておきましょう。

住まいノートを書く②へ続きます。